展覧会ニュース

NEWS

毎日新聞に石川直樹展開幕を伝える記事

9月9日付の毎日新聞福岡県版に「石川直樹 この星の光の地図を写す」の開幕を伝える記事が掲載されました。原稿は以下の通りです。

世界を旅する写真家、石川直樹さんの写真展「石川直樹 この星の光の地図を写す」(北九州市立美術館と毎日新聞社からなる実行委主催)が8日から、北九州市小倉北区の同美術館分館で始まった。九州初の大規模展示で国内外を写した作品など約400点が並ぶ。11月4日まで。

北極圏や南極大陸、ヒマラヤ山脈などの風景や現地の人々の写真が並び、約20年の活動の軌跡をたどれる。また、2008年に訪ねた北九州市の風景も収めた。石川さんは平尾台に降った雨水が石灰岩を通って地上にしみ出す様子を「胎内を流れる血液のようでもあり、この地の豊かさを象徴している」と表現している。ヒマラヤ登頂時の映像やテントなど遠征で使用した道具も展示し、「旅を追体験してほしい」と話す。
入館は午前10時~午後5時半まで。29日午後2時からは西日本工業大小倉キャンパス講義室で石川さんによるアーティストトークがある。【宮城裕也】