展覧会概要

About the Exhibition

展覧会について

展覧会について

世界をフィールドに活躍する写真家・石川直樹(1977- )は、22歳で北極から南極までを人力で踏破、23歳で七大陸最高峰の登頂に成功するなど、過酷な極地から都市の混沌に至るまで縦横に世界を歩き、写真を撮り続けてきました。近年では、国内外を旅して、人類学や民俗学などの視点を取り入れた独自 のスタイルで作品を発表しています。北極圏に生きる人々を写した『POLAR』、各地に残る先史時代の壁画を撮影した『NEW DIMENSION』、ポリネシア・トライアングルの島々をとらえた『CORONA』、日本列島の南北に連なる島々を追う『ARCHIPELAGO』、ヒマラヤの西端に位置する世界第2位の高峰に向かう遠征で撮影された『K2』などのシリーズを、本展では写真や映像、石川が実際に使用してきた道具なども含めて、幅広く紹介していきます。また、石川が2008年に撮影した北九州市内の写真も特別展示します。

石川直樹

(C)Kazuhiro Washio

石川 直樹(いしかわ なおき)
1977年東京生まれ。東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。『NEW DIMENSION』(赤々舎)、『POLAR』(リトルモア)により日本写真協会新人賞、講談社出版文化賞、『CORONA』(青土社)により土門拳賞を受賞。著書に、開高健ノンフィクション賞を受賞した『最後の冒険家』(集英社)ほか多数。最近ではヒマラヤの8000m峰に焦点を当てた写真集シリーズ『Lhotse』『Qomolangma』『Manaslu』『Makalu』『K2』(SLANT)を5冊連続刊行。最新刊に写真集『知床半島』(北海道新聞社)、『Svalbard』『流星の島』(SUPER LABO)、エッセイ『極北へ』(毎日新聞出版)がある。

概 要

概 要

展覧会名 石川直樹 この星の光の地図を写す
開催期間 2018年9月8日(土)〜11月4日(日)
開館時間 10:00〜18:00(入場は17:30まで)
休 館 日 会期中無休
会 場 北九州市立美術館分館
〒803-0812 北九州市小倉北区室町一丁目1番1号 リバーウォーク北九州 5F
観覧料
石川直樹
この星の光の地図を写す
一 般 1100円(900円)
高大生 600円 (400円)
小中生 400円 (300円)

★( )内は前売りおよび20名以上の団体料金
年長者施設利用証(北九州市交付のもの)を提示の方は2割減免。

★前売り券は、ローソンチケット(Lコード:83303)、チケットぴあ(Pコード: 769-157)、セブン-イレブン、ファミリーマート、小倉井筒屋、黒崎井筒屋、北九州 モノレール主要駅、筑豊電鉄主要駅で販売。
★ローソンチケット、チケットぴあ、セブン-イレブン、ファミリーマートについては、 展覧会開催中は当日料金での販売となります。

写真撮影
について
本展は一部撮影OKです。
展覧会の様子や画像をSNSでシェアしよう。
#石川直樹 #北九州市立美術館
主 催 石川直樹展実行委員会(北九州市立美術館、毎日新聞社)
後 援 九州旅客鉄道株式会社、西日本鉄道株式会社、北九州モノレール、筑豊電気鉄道株式会社、 株式会社スターフライヤー、北九州市、北九州市教育委員会
協 賛 リバーウォーク北九州
協 力 SCAI THE BATHHOUSE、産経新聞社
企画協力 水戸芸術館現代美術センター